コレ 知らなきゃ 体毛について

コレを知らなきゃ始まらない〜体毛について〜

先生

 

脱毛のことを知りたければ、まず毛を知ることから!
ということで、体に生えている毛について簡単に解説します。

 

 

 

 

 

知っとこう!毛の構造について

 

体にはだいたい500万本もの毛があるといわれていて、そのうち目に見えるものは3分の1ほどで、3分の2は皮膚の下にあります

 

皮膚の上に出ている部分を「毛幹」といい、下の部分を「毛根」といいます。
毛根は下の方が膨らんだ形をしていて、そこで栄養をもらって毛を成長させています。

 

毛幹

皮膚より上の毛で目に見える部分

毛根

皮膚の下側の毛の総称

毛球

毛根の最下部にあり丸く膨らんだ形をしている。毛がつくられる部分で毛乳頭や毛母細胞が入っている。

毛乳頭

毛細血管から栄養をもらって毛母細胞へ送る役割をしている。

毛母細胞

栄養を受け取って細胞分裂を繰り返すことで毛を作り出す。

 

 

 

毛は日々生まれ変わっている

 

サイクル

すべての毛は常に成長しては抜けてといサイクルを繰り返しています。
これを毛周期といい、成長期→退行期→休止期→成長期・・・というように生まれ変わっています。

 

休んでいた毛が成長期に入ると毛細血管から栄養をもらった毛母細胞が活発に分裂して毛球が作られます
その後も毛母細胞は分裂を繰り返して毛が皮膚の外にまで伸びていくのです。
退行期になると毛が抜けやすい状態になり、そして抜け落ち、また休止期に入っていくことになります。

 

毛周期は場所によって異なり、髪の毛のように長いところもあれば、ワキなど2〜3か月と短いところもあります。

 

また、1日に伸びる長さは平均してこのくらいといわれています。
ワキ:約0.3mm
腕・足:約0.2mm
アンダーヘア:約0.4mm