医療レーザー 脱毛 しくみ

医療レーザー脱毛のしくみ

 

レーザー

黒い色をした毛根のメラニン色素にのみ作用するレーザーを照射することで、熱の力で毛乳頭を破壊します。
毛乳頭がダメージを受けると毛は生えなくなり、結果として脱毛効果を得られるのです。

 

 

お肌がダメージを受けないのはなぜ?

 

レーザーを照射するとメラニン色素が反応して熱を蓄えます。
お肌のメラニン色素も同じように反応して熱くなりますが、色素が少ないのですぐに冷えて熱を蓄えにくい性質があります。
それに対して、メラニン色素が多い毛根は、熱を蓄える性質があるために蓄積した熱で組織が破壊されます。

 

 

レーザー脱毛の効果があるタイミング

 

すべての毛は、毛が長く太く成長する「成長期」、成長が止まって抜け落ちていく「退行期」、発毛をやめている「休止期」という3つのサイクルを繰り返しています。(毛周期と呼びます)
毛の1本1本がそれぞれの毛周期をもって生え変わっています。

 

レーザー脱毛の効果が発揮されるのは「成長期」です。
それ以外の時期にレーザーを照射しても効果はありません。

 

ピカピカ

そのため、毛周期に合わせた間隔をあけて繰り返し照射を受けることが大切です。
毛周期を無視してたくさんの回数受けても、脱毛効果が期待できない上に、皮膚の負担と費用が増えるだけです。

 

 

 

 

(メモ) エステ脱毛とどこが違うの?

エステサロンなどで行われている脱毛は、医療レーザー脱毛よりパワーが弱いために高い脱毛効果は期待できません。
納得できる効果を得るには、施術回数を増やしたり、長期間通わなければならないのです。
永久的な効果のあるレーザー脱毛は医療行為なのでクリニックなどの医療機関でしか受けることができません。