医療レーザー脱毛 永久

VIO(ハイジーナ)脱毛に行ってきました

 

水着

この夏ちょっとセクシーな水着を選んでしまって、そしたら水着から毛が・・・
そんなに毛が多い方ではないので自分で処理しましたが、来年の夏に向けて思い切ってプロにお願いすることにしました

 

数年前、両ワキをエステサロンで光脱毛したのですが、完全に処理しきれなかったみたいで最近ちょこちょこと生えてきちゃっていたこともあって、両脇+VIOをお願いすることにしました。

 

 

どこにお願いするか?

 

最初に調べたのは、脱毛方法についてでした。
主に、前にやったことのある光脱毛とレーザー脱毛という方法があって、それぞれ違いがあります。

 

施術方法

光脱毛

レーザー脱毛

施術場所

エステサロン 医療機関

効果

減毛(永久とは言えない) 永久脱毛

施術回数

10回以上 5、6回

料金

安めだが、回数によっては合計額が高くなりがち  高めだが、効果が高いので費用を抑えられる

トラブル体制

ドクター不在のため病院へ ドクターが対応可能

 

 

結局、わたしは次のような理由でレーザー脱毛を選びました。

 

  • 光脱毛で処理しきれなかったこと
  • VIO脱毛は痛いと聞くので少ない回数で終わらせたい
  • デリケートな部位なので安全性のあるところにお願いしたい

 

 

カウンセリング

 

カウンセリング

無料カウンセリングが受けられるという2つのクリニックにカウンセリングの予約をしました。

 

カウンセリングでは、アンケートに答える形で健康状態やアレルギー、脱毛に関する希望や疑問などを聞かれ、その後、レーザー脱毛に関する説明を受けたり、脱毛プランを立てていくらかかるかなどが決まりました

 

そのまま施術の予約をすることもできたのですが、後日電話で予約するようにしてもらい帰宅しました。

 

どちらの店も雰囲気がよく、丁寧な説明をしてもらえましたが、料金が安い方のクリニックに決定しました。

 

 

いざ脱毛!

 

専用の服に着替えてデザインを決定したら照射開始です。
看護師さんがいろいろ話しかけてくれたので思ったよりも緊張することなく受けられました。
また、恥ずかしさにも配慮してくれたので終わるころには全く気にならなくなっていました。

 

一番大変だったのは前日のシェービングです。

脱毛する箇所の毛を剃っていくのですが、手が届きにくいし見えにくいので結構苦労しました。
ちなみにわたしは顔用シェーバーを使いました。
カミソリは傷つけそうでちょっと怖いですね。
別料金?で看護師さんにお願いできるそうですので、どうしてもできない場合はお願いしてもいいですね。

 

 

医療レーザー脱毛するときの注意

クリニックで医療レーザー脱毛する時にはいくつか注意したいことがあります。

 

まず施術を受ける数日前までに脱毛したい部分のムダ毛を自分で剃っておいてください。

 

毛抜きで抜くと、脱毛ができなくなるので毛抜きは使用しないでください。

 

※剃毛はクリニックでしてくれるところもありますが、別途料金がかかります。

 

また、コース料金の中に剃毛代も含めているクリニックもあります。また、日焼けした肌には脱毛の施術ができませんので、脱毛する前に日焼けしないように注意してください。

 

それから、脱毛の施術を受けたあとも、紫外線に当たらないように気をつけましょう。

 

紫外線に当たると色素沈着の原因になります。また、レーザー脱毛を受けたあとは皮膚が赤くなったりひりひりしたりします。

 

クリニックでは炎症止めの薬を処方してくれるので、薬を塗って対処してください。また、施術をした日はお風呂に入らずシャワーだけにしておきましょう。

 

脱毛した部位をごしごしこすって刺激しないようにも注意してください。そのほか、医療レーザー脱毛を受ける際に気をつけたいことはクリニックでのカウンセリングの際にお話があると思います。わからないことはきちんと確認して、トラブルがないように脱毛してください。

 

クリニックの医療レーザー脱毛のメリットとデメリット

 

医療レーザー脱毛は、よくエステのフラッシュ脱毛と比較されますね。フラッシュ脱毛に比べると効果が高く脱毛効果を早く実感できるというメリットがあります。

 

ただ、医療レーザー脱毛にもリスクがあり、クリニックではリスクについても説明があるはずです。医療レーザー脱毛のリスクの一つは施術直後に皮膚が赤くなったりヒリヒリしたりすることです。これは皮膚が炎症を起こすためです。これは普通は1日で治りますが皮膚の弱い方は数日続く場合があります。

 

それで、クリニックでは施術後に炎症止めの薬を塗ってくれます。また、炎症止めの軟膏を無料で処方して自宅で使えるようにしているクリニックもあります。また、毛嚢炎と言ってレーザー脱毛の後に毛穴に雑菌が入って起こる症状もあります。これは、放っておかないで直ぐにクリニックに電話をして治療してもらってください。

 

また、ごくまれにですが、レーザーの照射によって硬毛化や増毛化が起こることもあります。これは、一時的な症状なので、照射を続けることによって改善されます。レーザー脱毛にはこのようなリスクもあるので、もしこういった症状が出た場合にはどんな対応をしてくれるのか、最初に確認しておいてください。

 

医療レーザーでハイジニーナ脱毛をする前に

クリニックでは効果の高い医療レーザー脱毛機が使用されているので、クリニックでハイジニーナ脱毛を希望される方も多いですね。

 

ハイジニーナ脱毛コースがあるクリニックには、リゼクリニック、アリシアクリニック、フェミークリニック、上野中央クリニック、湘南美容外科などがあります。

 

医療レーザー脱毛は太くて黒い毛によく反応するのでVラインなどの部位は脱毛効果を早く実感できます。ただ、光が強く反応する分、痛みもあります。

 

現在痛みが少ないとしてよく利用されているのはダイオードレーザーのライトシェア・デュエットです。この脱毛機は、皮膚を吸引しながら脱毛を行うので痛みが少ないと言われています。

 

ただ、IOなど範囲の狭い部分には使用できないので、従来の脱毛機で対応することになります。それで、痛みに弱い方には麻酔クリームなども処方されます。

 

VIOの料金はクリニックによってさがありますが、これはVの範囲が異なるからです。Vが広範囲なのか限られた範囲なのか必ず確認してください。メールやフリーダイヤルで質問することができます。他のクリニックと比べて極端に料金が高いクリニックは広告の費用等にお金をかけているためで、料金が高ければ効果が高いというわけではないので注意して選んでください。

 

クリニックの永久脱毛について

クリニックでは主に医療レーザー脱毛による永久脱毛を行っています。

 

医療レーザー脱毛はアレキサンドライトやダイオードレーザー、ヤグレーザーなどの医療レーザー脱毛器を使用して施術するもので、ターゲットとなる組織に効率的に働きかけ脱毛をすることができます。

 

また、エステのフラッシュ脱毛よりも高い出力を使用できるため、フラッシュ脱毛よりも効果を実感できるのが早くなっています。

 

特に男性のヒゲ、Vラインなどの黒い毛にはよく反応します。

 

永久脱毛が完了するまでの期間には個人差もありますし、部位にもよりますのではっきりしたことは言えませんが、通常、6回程度の照射で脱毛が完了します。

 

それで、クリニックの脱毛コースも6回コースが多くなっています。もし、コース内に脱毛が完了しない場合は、続けて照射が必要ですが、治療金で引き続き施術をしてくれるクリニックもあります。

 

クリニックでは、医療レーザー脱毛器による施術の他電気脱毛も行っているところがあります。電気脱毛は毛を1本ずつ処理していくので、時間がかかりますが確実な永久脱毛の方法となっています。電気脱毛は痛みがともないますので、必要に応じて麻酔クリームなどを使用して痛みのケアをしています。

更新履歴